シン・サウナハット をつくる 破 [サウナハット試作品1号完成]

うちでととのうチャレンジ
スポンサーリンク

はじめに

前回サウナハットづくり序章として、サウナハットのメリット・効果と、サウナハットを普段使いする上での課題、そしてその課題を解決すべくサウナハットの概念すら変えるシン・サウナハットをつくる!という記事を書きました。

詳しくは前回の記事を読んでもらえるとありがたいのですが、概念を変えるにはサウナハットの素材として、一部のサウナーがハックとして密かに使っているセームタオルこそ、うってつけではないか。セームタオルの超絶メリットにより、これ1つあれば身一つでフラリと銭湯に行けて、タオルすら必要なくなり、サウナハットを一気にメインストリームにぶち上げることができるのではないか?という仮説を立てました。

しかし何にせよ作ってみないことには机上の空論に過ぎません。今回さっそくセームタオルによるサウナハットづくりにチャレンジします。

セームタオルによるサウナハット制作

Youtubeで見たフェルトでのサウナハットづくりでは、表と裏の2面のみで作っていたので、試作ではそれに習って型をつくりました。以下のように既存のサウナハットから型を取ります。

そして今回の主役のセームタオルです。

セームタオルを半分にたたみ、型紙に沿って2枚を同時に切っていきます。(縫い代を考えて1cmほど余裕を取っています)

切った後、2枚を針で仮固定しミシンで縫い上げます。(私はミシン使えないので妻にやってもらいました。縫いづらくて大変)てっぺんにはひっかけられるようループも付けます。

試作品1号完成

そして、、、、完成。いい感じにできた!

試しに息子に被ってもらいました。

試作品1号としては想定以上です。また今回実際につくってみて、いろいろと気付きもありました。例えば

  • セームタオルを袋から開けた状態は水分を含んでいるので縫いずらい。洗って乾かしてから縫ったほうが良さそう。
  • カッターで円状をキレイに切るのは難しい。ギザギザのピンキングハサミで切ったらいいのかも。

など、やっぱり頭で考えているだけじゃなくて、やってみてわかることってありますね。そして一番は、実際にこれが使えるのか???

という訳で次回は、この試作品1号を実際にサウナ施設で使ってみてどうだったか、について書きたいと思います。今回も読んでいただいて本当にありがとうございました。

続き↓

(宣伝)最終的に出来上がったシン・サウナハットは↓にて販売中!

RELAX OPEN ENJOY SAUNA - 作品一覧
matteru & mamanaさんの作品一覧、プロフィールなどをみることができます。ハンドメイドマーケット、手作り作品の通販・販売サイトとアプリ minne。アクセサリーやバッグ、雑貨など世界に1つだけのハンドメイド作品を販売している国内最大級のマーケットです。
うちでととのうチャレンジサウナグッズ
スポンサーリンク
matteruをフォローする
matteru

関西在住のサウナー。サウナ施設がおうちから絶妙に遠いため、おうちでもサウナ気分を味わえる方法を模索し本ブログで公開しています。おうちでサウナ気分を高めるべく、普段使いできるようなサウナグッズを夫婦で企画・制作し RELAX OPEN ENJOY SAUNA にてオンライン販売中です 。サウナ・スパ プロフェッショナル、熱波師検定B。twitter、instagramやってます、無言フォロー歓迎!

matteruをフォローする
#うちでととのうチャレンジ
タイトルとURLをコピーしました